Top > 子どもが悪さをしたとき

子どもが悪さをしたとき

万引き、いじめ、交通ルール違反など子どもが何か悪さをした場合には、まずはその事実確認を怠らないことが第一に大切です。子どもがが嘘をつくだろうと分かっていても、はじめから子どもを疑うのではなく、まずは子どもの言うことを信じることから始めなければなりません。その上で、「いつ・どこで・誰が・何を・どのように」などにおいて正確な事実を確認します。聞き取った内容を時系列に並べ、問題行動の内容をまとめ、自分が理解していることが正しいかを確認せねばなりません。子どもの問題行動の背景についても、母親の視野の外に何か重要なキーが隠されている可能性がありますから、子どもの友人やそのご両親、先生方から情報を収集して明らかにしましょう。シングルマザーなど、母親としての生活が大変でなかなか時間が取れない場合は、来校して先生に話を聞きに行くよりは、可能であれば家庭訪問を個人的にお願いして問題行動の報告の場を持ちましょう。脱毛サロンカクヤス大辞典で近くの脱毛サロンを案内中
関連エントリー
カテゴリー
  • エンタメ
  • メディア
  • ニュース
  • 趣味
  • スポーツ
  • ビジネス
  • 経済
  • 地域
  • 生活
  • 文化
  • 不動産
  • 整体
  • 歯科
  • 健康
  • 医学
  • 教育
  • 旅行
  • 転職
  • ウォーターサーバー
  • FX
  • エステ
  • 中古車査定
  • ダイエット
  • ホットヨガLAVA
  • ピュアアンドシルク
更新履歴
関西高収入求人|本屋でバイトをしている人って賢そうに見えると評価されます...。(2016年12月10日)
総量規制|早急にお金を用意する必要があって...。(2016年11月 6日)
脱毛をしてくれるエステサロンの施術をするスタッフは...。(2016年5月11日)
医学部合格の為に大事なこと(2015年4月20日)
子どもが悪さをしたとき(2014年11月29日)